保育士試験年表
児童家庭福祉をわかりやすく説明
保育実習理論音楽
保育士試験当日の流れ

全音と半音の違いを見分ける練習問題を5問 音楽理論 偶数・奇数で考えるのは間違えです

【当ブログの説明】
2016年に保育士試験に独学1発合格した31歳現役保育士による試験対策サイトです。
参考書はユーキャンの速習レッスンを使用しましたが、全額楽天ポイントで購入したので、試験勉強にお金は一切かかりませんでした。
しかしながら、テキストに厚生労働省のデータや法律をたくさん書き込みながらの勉強だったので、このブログではテキストに載っていないこともお伝えすることで、
みなさんの合格をちょっとでもお手伝いできれば、と思います。
当ブログのモットーは、どのページから読んでも、苦手なところでも、基礎からわかることです。事前の知識は必要ありません。科目を上のカテゴリ帯から選んで読んでください

全音と半音を見分ける練習問題を5問、YouTubeの動画で用意したので解いてみてください。

動画の中で、問題と解説の両方を行っています(*^_^*)


全音と半音の違い

全音と半音の違いを見分ける練習問題を5問 音楽理論

ほいのーとでは、保育士試験の対策として、保育実習理論の音楽対策にYouTubeを展開しています。(もちろん、そっちもぜんぶ無料です。)


で、そこに全音と半音を見分ける練習問題の動画を作ったので、ぜひ、チャレンジしてみてください。



全音?半音?練習問題を5つ作りました。保育士試験の保育実習理論対策


スポンサーリンク


全音と半音とは?説明します。音と音の距離を数えてみよう。

全音とは、音と音が2つの距離にあることで、

半音とは音と音が1つの距離(つまり隣同士)にあることです。


ここで注意してほしいことが1つあります。

決して、全音は偶数の距離、半音は奇数の距離とは覚えないでください!!


その考えは間違えています。


全音は、全音が○個分というように数えていきます。

半音は、1個しかあり得ません。


理由は、半音が2個そろうと全音になるから



全音と半音の関係は、文章での説明は難しいので、動画を見てもらえればと思います。


保育実習理論③全音と半音の違いと、メジャースケール長音階の見方 全全半全全全半の登場です笑

copyright©2018-2019 ほいのーと