保育士試験対策マンガぶろぐ

保育士試験がんばってください! 虚血性腸炎につき更新1週間とまります、、、。法律も重要人物も分かりやすく説明します♪。ぜんぶの記事を、基礎から応用まで含めつつ簡単な言葉で書いてるので、どこから読んでもらってもOKです☆

ルソーの人生と保育、教育的なポイントを保育士試験対策としてまとめたマンガ記事

【当ブログの説明】
2016年に保育士試験に独学1発合格した31歳現役保育士による試験対策サイトです。
参考書はユーキャンの速習レッスンを使用しましたが、全額楽天ポイントで購入したので、試験勉強にお金は一切かかりませんでした。
しかしながら、テキストに厚生労働省のデータや法律をたくさん書き込みながらの勉強だったので、このブログではテキストに載っていないこともお伝えすることで、
みなさんの合格をちょっとでもお手伝いできれば、と思います。
当ブログのモットーは、どのページから読んでも、苦手なところでも、基礎からわかることです。事前の知識は必要ありません。科目を上のカテゴリ帯から選んで読んでください

保育士試験対策の漫画ブログ。今回は、ルソーについて取り上げました。

ルソーと言えば、
消極教育、自然主義
エミール、社会契約論が有名ですが、

ルソーの作品を学ぶためには、ルソーの人生から。

スポンサー広告


なかなか信じられない人生を歩んだルソーを、今回の記事でまとめます。

f:id:uuuta1122:20190122150321j:plain

ルソーは1712年から1778年を生きた。子どもの発見と言われている。

ルソーは、1712年から1778年をフランスで生きた人物です。

今日でも、ルソーは、
【子どもの発見】と言われており、教育学、

幼児教育においても、主導的な人物になっています。

そんな、こどもに優しそうなルソーですが、自分のこどもには、なかなかの冷遇だったようです。

今回の記事では、天才奇人のルソーの生涯をまとめました。

30代で5人の子どもを孤児院へ。

ルソー自体もはやくに母が亡くなった孤児でした。

かつ、ルソーはもともと裕福な家の子どもだったのですが、父が起こした事件によって、

孤児として預けられた先で長期間の苦痛を強いられ、大変な思いをしたんですね。

そして、もともと、ルソーは作曲の勉強をする音楽家だったんですが、

そこで、子どもを作って、(しかも5人)

その子ども達はすべて、孤児院に入れてしまいます。

理由は、ルソーが経済的に困窮していたからです。

f:id:uuuta1122:20190122150324j:plain

しかしながら、教育の勉強をしているルソーが孤児院にいれるなんて、

その時代の孤児院は待遇が良いの?

って信じたくもなりますが・・・・

後述しますが、かなりヤバいです。

40代でエミールを書くもキリスト教に反していた。

40代で、ルソーは【エミール】を書きます。

保育士試験でもよく出題されるエミールの内容は、

エミールという人物の半生を通して(恋愛もする)

子どもは自然のなかで自発的に育てること(自然主義

子どもは、もともと善であること。(性善説

など、ルソーの教育観を物語風にまとめた内容でした。

エミールについては、別の記事にまとめています。
www.utautaeveryday1.com

かつ、このエミールによって、ルソーは、こどもの発見と言われているのです。

f:id:uuuta1122:20190122150325j:plain

が、しかし、

ルソーは、このエミールのなかに、キリスト教への批判ともとれる文章を入れてしまったので、

逮捕状が出て逃亡します。

スポンサー広告



孤児にしていたことも告発される。

非常に難しい時期でした。

ルソーは、エミールを発表する1762年の前に、

自分の5人の子ども達(孤児)を探したんですが、

全員行方不明であることを知ったんです。


この時代、パリでは、孤児院に入れることが多く、社会問題になっていて、

ルソーは自身の過去を悔やみ、エミールにも記しています。

それでも、ルソーは、

1762年にエミールのみならず、

社会契約論も発表します。(後日内容説明)

f:id:uuuta1122:20190122150328j:plain


が、その2年後。

エミールで逮捕状がでて、逃亡していたにも関わらず、

今度は、孤児にしたことが告発されて、孤児にしたことの逮捕状が出現。

それは、住民からの告発だったんですね。


子どものためにたくさんの幼児教育を説いたルソーは、自分の子どもには、自ら関わらなかったのです。

幼児教育の先駆者であるルソーは、その後をひっそりと過ごした。そして、社会契約論は、フランス革命の時代へ。

ルソーは余生をフランスでゆったりと過ごしました

f:id:uuuta1122:20190122150329j:plain

ルソーの社会契約論は、人の平等、支配的な政治体制への批判が含まれており、

反政府の意志が高まっていた、民衆の気持ちを更に動かします。

だからこそ、ルソーはフランス革命にも影響を与えた。
と言われているんですね。

逮捕状が出ているとはいえ、

市民からのルソーの人気は
晩年になるほど安定し、

比較的良い余生をおくることができた。といわれています。

そして、ルソーの死後、

フランス革命が勃発しました。




www.utautaeveryday1.com

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 保育士試験対策マンガブログ