コンドルセは公教育を求めたが失敗に終わったパイオニア

【当ブログの説明】
2016年に保育士試験に独学1発合格した31歳現役保育士による試験対策サイトです。
参考書はユーキャンの速習レッスンを使用しましたが、全額楽天ポイントで購入したので、試験勉強にお金は一切かかりませんでした。
しかしながら、テキストに厚生労働省のデータや法律をたくさん書き込みながらの勉強だったので、このブログではテキストに載っていないこともお伝えすることで、
みなさんの合格をちょっとでもお手伝いできれば、と思います。
当ブログのモットーは、どのページから読んでも、苦手なところでも、基礎からわかることです。事前の知識は必要ありません。科目を上のカテゴリ帯から選んで読んでください

近代公教育のパイオニアと呼ばれるコンドルセは、公教育のための覚書を提出したものの、実現はできなかった人物です。わかりやすく説明します。

f:id:uuuta1122:20190224160838j:plain

コンドルセの生涯と公教育の失敗

貴族による専制政治が、フランス革命によって市民の主権を得ようと戦乱で混乱する時代のフランス。

f:id:uuuta1122:20190224160955j:plain
専制政治 支配者による独断の政治。

スポンサー広告


そんなのときのフランスに生まれたニコラ・ド・コンドルセ(1743~1794)は、1791年に、フランスの公教育をもとめる法案を議会に提出しました。

これは、コンドルセ自身がかつて書いた公教育に関する5つの覚書の本を参考に内容としたものでした。

f:id:uuuta1122:20190224161102j:plain

かつ、フランスでは当時フランス革命によって、国民主権の内容を前提としたフランス憲法が制定されて、その中の内容にも、公教育制度を整えて、市民にも、教育を与える環境をつくることが、憲法にも含まれました。

なので、コンドルセの公教育のすすめは、本当は成功するはず。だったのです。

しかしながら、フランス革命(1799年までの10年)の影響で、コンドルセには逮捕状がだされ、

フランス革命の混乱の中で、コンドルセはその命を落とすことになります。

よって、コンドルセの公教育の目標は彼が亡くなったことによって、達成しえないものになってしまったのですが、

コンドルセは、今日も、公教育のパイオニアと呼ばれています。

※パイオニア → 先駆者や開拓者という意味があります。

コンドルセが提出した公教育計画の内容

コンドルセが議会に提出した公教育計画の内容です。

・男女が共学であること
・無料であること
・政府が公教育の責任を負うこと

・市民にも、情勢や国政を学ぶ機会を与えることこそが、弾圧的でない、国民主権の国家には重要であること

・教育の機会が一生涯補償されるべきであること

男女共学も、無料で国家が責任をもつことも、一般の市民が政治の基礎を学習する機会をもつことも・・・

すべて、現在の教育の在り方にも共通しているとおもいませんか?

f:id:uuuta1122:20190224161118j:plain

このようにコンドルセは、いまから約200年も前の時代に生まれながらも、普遍的で、人民の自由の保障にとって必要になる教育の在り方。が分かっていた人物なのです。

公教育のパイオニアと言われるのも、納得。ですね。

ただ、コンドルセが生まれた時代のフランスは、フランス革命や、差別による対立も大きい時代。

なかなか、公教育。というステージを設けることは困難でした。
結果的に、時代が彼を失ったことになります。

スポンサー広告



コンドルセが築いた公教育の3大原則

コンドルセの公教育計画は、現代の公教育のかたちの基礎を築いたといっても、過言ではありません。

公教育の3大原則は、
・無償性
・非宗教性
・義務制

ですが、コンドルセの公教育計画はこの点を満たしていたのですね。

結果的にフランスで無償の公教育制度が始まったのは1881年だった

コンドルセがなくなった1794年から約100年が経過して、1881年に、ようやくフランスでは、幼稚園と小学校に対する、無償の公教育が誕生しました。

f:id:uuuta1122:20190224161136j:plain

また、翌年の1882年に、6歳から12歳。いわゆる初等教育の義務教育化についても決定されます。

それまでの公教育へのフランスの法案はすべて、途中で失敗してしまっていました。

コンドルセのポイント

実現はできなかった。とはいえ、コンドルセの公教育計画は、現代的で、市民中心の国政に必要な教育観を大きく反映した内容となっていたと言えます。

いつ・だれが・どこで・何のために・何した?コーナー

いつ → 1791年
だれが → コンドルセ
どこで → フランス議会

なんのために → 公教育の成立のため
なにをした → 彼が書いた公教育に関する5つの覚書をもとに公教育計画の法案を提出した

コンドルセは、保育士試験では教育原理の科目で出題の可能性があります。

当サイトの文章・画像は管理人うたが著作権を放棄しません。
無断引用・転載厳禁。賠償慣例に則り対応いたします。
copyright©2018-2019 保育士試験対策マンガブログ