ほいのーと

自作のミニ漫画で保育士試験9科目・実技の内容や保育士の仕事を書いています。

1951年の児童憲章を解説。保育士試験対策マンガブログ。保育原理と教育原理で出やすい。

保育士試験対策の漫画ブログ。今回の内容は、1951年昭和26年の児童憲章について解説します。

保育原理と教育原理で出やすいので、注意しながら勉強してみてください。

児童憲章とは?子どもの権利を守り、尊重しようとするもの。

児童憲章は、1951年、昭和26年に日本で宣言されたものです。

f:id:uuuta1122:20190119102302j:plain

子どもを人として尊重して、大切に扱う。

こどもを大切にしよう。という考えですね。

児童憲章の内容とこどもの日

児童憲章の内容は、3本の柱を中心に成り立っています。

・児童は人として尊ばれる。

・児童は社会の一員として重んぜられる。

・児童は良い環境のなかで育てられる

f:id:uuuta1122:20190119102305j:plain

こどもたちの幸福と幸せのために作られた宣言になっています。

かつ、これのおおもととなっているのは、日本国憲法

日本国憲法の精神の下に、児童憲章が作られたんですね。

実際に、児童憲章のなかには、児童の生活の保障についても触れられています。

これは、日本国憲法生存権に関連しています。


この児童憲章ができたのは、1951年の5月5日。

5月5日といえば、こどもの日ですよね。★

このこどもの日は、鎌倉時代ごろから、端午の節句として、
男の子の健康とみらいを願う、厄除けの意味をこめて、こいのぼりをあげる日なんです。

昔は、こどもが病気で亡くなってしまうこともおおかったので、こどもたちの健やかな願いへの希望が、こいのぼりには込められているんですね。


というわけで、昔から続く、こいのぼりをあげるときに、児童憲章は宣言されました。


さて、ここで余談。

屋根よ~り~高い こいの~ぼおり~ 

こいのぼりの曲は、1931年に近藤宮子の作詞で誕生しました。☆


スポンサー広告



児童憲章は法律でないから、法的拘束力がない。

児童憲章は、日本国憲法に基づいて宣言された、宣言であり、法律ではありません。

f:id:uuuta1122:20190119102308j:plain

法律ではない。

ということがどういうことかというと、

法律ではない、ということは、人々の行動をこれによって決めることが出来ない。

ということです。

法律だと、

納税の義務

のように、法律に義務の表現を入れれば、人々に納税を強制することが出来、違反した人を罰することもできます。

なので、法律には、人々の行動をすすめる、「法的拘束力がある。」というのですが、

児童憲章は、法律ではないので、法的拘束力がない。ということでもあるんですね。

児童憲章は日本オリジナルの宣言である。

世界大戦以降、世界ではさまざまな子どものための活動が起きたので、

この【憲章】という名前も、なんとなく、世界のものかなあと思ってしまいますが、

児童憲章は、日本オリジナルの宣言になります。国連とかは関係していません。

f:id:uuuta1122:20190119102310j:plain


ちなみに世界で有名な児童に関する宣言などは

・1924年の児童の権利に関するジュネーブ宣言(国際連盟
www.utautaeveryday1.com

・1948年の 世界人権宣言 (国際連合
これは、子どもの生活保障などについても触れているんです。

・1959年の児童権利宣言 (国連総会)
(児童の権利に関する宣言)

・1989年の児童の権利に関する条約(国連総会)
子どもの権利条約であり、日本は平成6年に批准


が有名です。

一番有名なのは、1989年の児童の権利に関する条約ですね。


子どもは大人と対等である。という意味ではない。

児童憲章は、子どもの幸せを願うための宣言であり、

それまでは戦争が多かった日本の、平和への尊重のうちの一歩ともとれる宣言です。


が、子どもと大人が対等である。

とまでは言っていないので、注意しましょう。

f:id:uuuta1122:20190119102312j:plain

どういうことかというと、

児童憲章は、あくまでも、児童の保護や、児童を大人が育てて、幸せに居させてあげること、という内容なんです。

なので、子どもの幸せや、健やかで安全な生活に目を向けた宣言ではありますが、

まだまだ、子どもの権利が大人と同等。

とまでには至っていないのですね。

それであっても、

児童憲章の一文に、

・家庭で育てられない子どもは、それに代わるところで育てられる

内容を含むなど、

近代的な、児童の福祉、権利を尊重する内容であった。といえる宣言なのです。


児童憲章は、
保育原理や、教育原理で出題されやすい傾向があるので、しっかり勉強してみてください。

スポンサー広告



児童憲章のポイントまとめ。

児童憲章のポイントは

・児童の福祉や権利を尊重する宣言であること

・法律でなく、法的拘束力を持っていないこと

・日本独自の宣言であること

です。



www.utautaeveryday1.com