保育士試験年表
児童家庭福祉をわかりやすく説明
児童扶養手当法の解説
保育士試験当日の流れ

社会的養護の対策マンガ、母子生活支援施設の職員構成

【当ブログの説明】
2016年に保育士試験に独学1発合格した31歳現役保育士による試験対策サイトです。
参考書はユーキャンの速習レッスンを使用しましたが、全額楽天ポイントで購入したので、試験勉強にお金は一切かかりませんでした。
しかしながら、テキストに厚生労働省のデータや法律をたくさん書き込みながらの勉強だったので、このブログではテキストに載っていないこともお伝えすることで、
みなさんの合格をちょっとでもお手伝いできれば、と思います。
当ブログのモットーは、どのページから読んでも、苦手なところでも、基礎からわかることです。事前の知識は必要ありません。科目を上のカテゴリ帯から選んで読んでください

保育士試験対策、今回の記事は、社会的養護の範囲から、

母子生活支援施設の職員構成についてをまとめました。

母子生活支援施設とは?

母子生活支援施設は、児童福祉法第38条に法律があります。

母子施設ですが、法律は児童福祉法に準ずるところは、注意しましょう。

母子生活支援施設は、

・配偶者のない女性

・準ずる事情のある女性

と、その子どもを、自立のために生活を支援し、アフターケアも行う施設です。

今回の記事では、職員構成についてを扱っていくので、

施設の概要については、このくらいにしましょうか。

母子生活支援施設の職員構成

母子生活支援施設には、以下の職員が置かれます。

f:id:uuuta1122:20190203165427j:plain

・母子支援員

・嘱託医

・少年を指導する職員

・調理員または、これに代わるもの

心理療法担当職員

・個別対応職員

・保育士


多いですね。

漫画もめっちゃ縦長になって、自分でも引きました。笑

それでは、以上の職員について、それぞれ説明していきます。

スポンサー広告



母子支援員は母子生活支援施設にしかいない職種

母子支援員は、この母子生活支援施設にしか、いない職種になります。

かなりレアですね。

f:id:uuuta1122:20190203165431j:plain

母子支援員は、保育士とか、実務経験を積むことによって、なることができる職種です。

とくに、保育士のように、試験が敷かれているわけではないんですね。


母子支援員は、

・母子の生活や育児を手伝ったり、

・離婚調停などの手続を手伝ったり

その母子の状況に合わせて、適切な対応を、母子に直接行う職種になります。

母子・父子自立支援員とは、全然違うので、注意してください。

母子・父子自立支援員は、施設でなく、福祉事務所で、

お金の貸付や、就業支援などを行う仕事です。

働く内容もですが、いる場所も違うんですね。

嘱託医なので、時々で良い。

嘱託医ってなに??っていうと、

何かあったときに、医師が必要なときに、医師が来てくれるように、

契約みたいにしておくシステムです。

f:id:uuuta1122:20190203165439j:plain

なので、普段は、別の場所で、お医者さんとして働いてみえるんですね。

保育園もこのシステムです。

少年を指導する職員

少年を指導する職員って、なんやねん!って話ですが、

f:id:uuuta1122:20190203165441j:plain

子ども達の生活環境をみたり、学習支援を行ったりする仕事です。

児童指導員とはちがいますね。

母子生活支援施設にいるのは、

少年を指導する職員(少年指導員です。)

そもそも、母子生活支援施設は、お母さんがいるので、

児童指導員はいらないんですね。(義務でない。)
※保育士は後述。

調理員か、それっぽい人

調理員か、それに代わる人を置くんです。

f:id:uuuta1122:20190203165445j:plain

ちなみに、調理員か、それに代わるものを置くことは、義務になってます。

乳児院で、調理を全部委託していても、栄養士は配置義務があるように、調理っぽい人は必要のようです。

心理療法担当職員は、ほかと似たルールで配置。

心理療法担当職員は、ほかの設置基準に似ていますね。

f:id:uuuta1122:20190203165446j:plain

母子生活支援施設の心理療法担当職員の設置は、

10人以上の母子に、心理療法を行うときに設置する必要があります。

母子が10人以上、ではなく、

心理療法が必要な母子が10人以上なので、

この微妙な日本語には注意してください。

個別対応職員は、DVなどに対応します。

個別対応職員も、心理療法担当職員のように、設置義務は、ある状況のときに発生します。

f:id:uuuta1122:20190203165450j:plain

個別対応職員の設置義務が発生する条件は、

配偶者からのDVや、子どもに障害があるなど、個別に対応すべきであるときです。

保育士は基本的にいらないけど、保育所になったらいる。

母子生活支援施設に、保育士はいりません。

だって、お母さんいるもん。

けど、いるようになる条件があります。

f:id:uuuta1122:20190203165452j:plain

それが、保育所に準ずる設備を持ったとき。ですね。

保育所に準ずる設備を持ったら、当然ですけど、保育士が必要になります。

スポンサー広告


それでは、次回の記事では、

母子生活支援施設の施設概要について、説明します。




www.utautaeveryday1.com
www.utautaeveryday1.com

copyright©2018-2019 ほいのーと